ホルモンバランスを改善する食事について

ホルモンバランスの乱れは、ストレスや睡眠不足、食生活などの生活習慣が大きく関係しています。
これらの不規則な生活習慣が続くことでホルモンバランスが悪くなり、生理不順や肌荒れ冷え性などの症状があらわれるのです。
では、乱れてしまったホルモンのバランスを整えるにはどのようにしたら良いのでしょうか。
改善の鍵となるのは、ずばりホルモンバランスを整える食事です。
基本となるのは、良質なたんぱく質やビタミン・ミネラルなどの栄養素を積極的に摂取することです。
その際、気をつけていただきたいのは脂肪や糖質の摂り過ぎに注意することです。
また、食事面で極端なダイエットをおこなうことも禁物です。
ホルモンバランスを改善させる上でおさえておきたいポイントは、より有効的な食品を摂取することです。
体内でホルモンに似た働きをする成分、あるいはそれらの栄養成分を含んでいる食品を選択しましょう。
なかでもよく知られているのは、大豆イソフラボンです。
この成分はポリフェノールの一種です。
体内でエストロゲンと同じような働きをする作用があります。
別名、植物性エストロゲンともいわれています。
おもに、豆腐や納豆、豆乳やみそなどの大豆食品全般に含まれています。
女性ホルモンの減少によりおこる更年期障害の改善などに効果があるとされています。
ほかにもビタミンB6を多く含む食品がおすすめです。
女性ホルモンの分泌を促す効果があるので月経前症候群などの症状を緩和することができます。
マグロやカツオといった魚類、レバーなどの肉類、ナッツ類、にんにくやバナナなどにも多く含まれています。
これらの食事を積極的に取りいれてホルモンバランスの乱れを整えましょう。

ページの先頭へ戻る