トリキュラーによるむくみや体重の変化について

体重計イメージ

トリキュラーは低用量ピルで日本の婦人科などで最も多く処方されているお薬です。
内容は黄体ホルモンと卵胞ホルモンの双方の女性ホルモンが含まれていて体を妊娠時に近い状態に近づける事で排卵を抑え妊娠を予防する避妊薬ですが、同時に月経に伴う下の諸症状を緩和させる効果もあります。
・月経痛
・貧血
・月経不順の改善
・子宮内膜症
ホルモンを補充する事で更年期障害の予防にもなり、また生理を止めて子宮を休ませる事から子宮がんの予防にもなります。
トリキュラーは第二世代の低用量ピルで第一世代と比べると黄体ホルモンの比率を低く抑えてあります。
また、トリキュラーの特徴は容量を3段階に分けた3相性タイプで月経外の不正出血や乳房の張り、吐き気やむくみなどの副作用が少ないとされています。
ただし、体を妊娠時に近づけている関係で服用して初期から数週間は妊娠時と同様の症状、例えば頭痛、むくみ、体重の変化などが起こりやすい場合があります。
このような症状はマイナートラブルと呼ばれていて、薬が体に効いている証拠にもなります。
最も注意の必要な症状は血栓症です。
ホルモン治療によって、血中に血栓と呼ばれる血の塊ができ、それがあちこちに詰まる病気です。
症状としては胸痛、めまい、呼吸困難、痙攣、意識障害、舌のもつれ、目のかすみ等でこれは緊急を要する症状なので、このような症状が出た時はすぐに医療機関を受診しましょう。
体重の変化についてはホルモンによる影響と薬による肝機能障害でも体重の変化がみられます。
通常であれば、ホルモンによるマイナートラブルで水分が体内に取り込められやすくなり、むくみと共に体重が増加します。
また、食欲が増す事などの影響も考えられます。
いずれにしても日常生活に支障をきたすようであれば一度医療機関を受診した方が良いでしょう。

ページの先頭へ戻る